亀岡福祉会がめざしていること

理念

「働きたい」「普通に生活したい」これは、だれもがもっているあたりまえの願いです。
1978年、亀岡市民の支援の中で誕生しました共同作業所は、こんなあたまりまえの願いに応える私達の事業のスタートになりました。
社会福祉法人亀岡福祉会では、働くことやこころから楽しめる活動に参加することを通じて、社会で生きていく意欲や自信を育て、地域の中でひとりの市民として暮らしていくことをめざしています。
そのためにも、次のことを大切にして取り組みをすすめています。

■わたしたちは、障害のある人が社会の主人公としてたくましく生きていく力の育ちを援助していきます。
■わたしたちは、障害のある人が地域の一員として、共に暮らしていく地域づくりをめざします。
■わたしたちは、多くの市民の期待と応援の中で設立された社会福祉法人亀岡福祉会と各施設・事業所を、 障害のある人たちの願いに応える地域の拠点として発展させていきます。

沿革

1978(昭和53年) 亀岡共同作業所開所(通所12名・職員2名)
1979(昭和54年) 社会福祉法人亀岡福祉会
亀岡作業所設立発起人会発足
1982(昭和57年) 社会福祉法人亀岡福祉会が国の許可を受ける
1983(昭和58年) 亀岡作業所開所(定員30名)
1986(昭和61年) 亀岡作業所増築(定員50名)
1990(平成2年) たけのこ共同作業所開所
亀岡市篠町の借家で地域生活ホーム「つばさ荘」開所
1991(平成3年) 亀岡市宮前町にて「あゆみ荘」建設開所
1993(平成5年) 「第二亀岡作業所をつくる会」発足
1994(平成6年) 「あゆみ荘」グループホーム認可
1995(平成7年) 第二亀岡作業所開所(定員35名)
1997(平成9年) 亀岡作業所分場施設「ワークホームかめおか」開所
亀岡市心身障害者介護支援モデル事業開始
1998(平成10年) 地域生活ホーム「つばさ荘」開所(4月)
「つばさ荘」グループホーム認可(10月)
2000(平成12年) げんき共同作業所設立に関わる
2002(平成14年) 「第三かめおか作業所・デイサービスセンターをつくる会」発足
2003(平成15年) 第三かめおか作業所開所
デイサービスセンターぽれぽれ開所
ホームヘルプセンターゆめネット開所
2004(平成16年) 「ホームすみれ」開所(2月)
2006(平成18年) 「ホームたんぽぽ」開所(4月)
2010(平成22年) 「ホーム菜のはな」開所(4月)
「ホームたけのこ」開所(4月)
相談支援センター巴(ともえ)開設(4月)
2011(平成23年) 相談支援センターお結び(おむすび)開設(4月)
   

連絡先・アクセス

社会福祉法人亀岡福祉会

連絡先
〒621-0033 京都府亀岡市薭田野町佐伯大門30-1
TEL:0771-24-2596
FAX:0771-24-2597