地域づくり

きょうされん国会請願署名

みんなの”思い”届けてきました!

DSC_0804.jpg

第38次国会請願署名にご協力いただきありがとうございました!

 昨年末からとりくんできた、「きょうされん第38次国会請願署名・募金運動」でみなさまからご協力いただいた署名を持って5月28日(木)に国会請願行動を行ってきました。亀岡福祉会からも、利用者1名、家族2名、職員1名が参加しました。
 当日は全国44都道府県から約400人のメンバー・家族・関係者が集まり、各地で集められた100万筆を超える署名を手に紹介議員になっていただくよう、そして障害者施策のさらなる充実に協力いただくよう、すべての国会議員控え室を訪ねて署名の採択へ熱く呼びかけました。
 
 参加した利用者は、「障害があること、作業所に通っていることを偏見で見られることもあり、まだまだ差別される」と率直な思いをぶつけました。また「ディズニーランドに行きたい。でも一人では行けないし、ヘルパーさんとどこにでも行けるようにしてほしい」の利用者からの訴えに、議員や秘書の方も耳を傾けてくれました。家族からは「親亡き後が心配。本人が自立した生活を地域で送れるようにしてほしい」と切実な願いが語られました。


 今回の国会請願署名・募金運動のスローガンは「あたりまえにはたらき えらべるくらしを ~障害者権利条約を地域のすみずみに~」でした。『障害のない人との平等』『同年代の市民と同等の生活』を謳っている障害者権利条約を日本は批准しています。障害のある人の《あたりまえ》を実現するため、今後も運動の力を信じてがんばっていきたいと思います。 署名、募金にご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

≫ 続きを読む

きょうされん国会請願署名   2015/07/02   地域づくり部会